Pythonで何ができる?初心者向けに作れるもの・学習法を紹介

この記事では、Pythonの基礎から学びながら、初心者でも作れるプログラムの例を紹介します。また、Pythonの学習法についても詳しく解説します。Pythonの魅力を知り、実際に手を動かしながら学ぶことで、プログラミングの世界が広がることでしょう。是非、この記事を読んでPythonの可能性を探ってみてください。

初心者がPythonで作れるもの5選

Pythonは初心者でも簡単に学べるプログラミング言語であり、様々なことができます。
ここでは、初心者がPythonで作れるものの中から5つを紹介します。

1. Web情報の自動収集:クローリングとスクレイピング

Pythonを使えば、Web上の情報を自動的に収集することができます。
例えば、特定のサイトから商品情報やニュース記事を収集したり、SNSの投稿を自動的に取得したりすることができます。
これにより、大量の情報を手動で収集する手間を省くことができます。

2. Excelの自動化

Pythonを使ってExcelの操作を自動化することもできます。
例えば、大量のデータを処理してグラフを作成したり、特定の条件を満たすデータを抽出したりすることができます。
これにより、作業効率を向上させることができます。

3. 顔認識や物体検知の画像認識プログラム

Pythonを使って、顔認識や物体検知のプログラムを作ることができます。
例えば、カメラの映像から人の顔を検出し、自動的に写真を撮影するプログラムや、特定の物体を検出してアラートを出すプログラムなどが作れます。
これにより、セキュリティや監視の分野で活用することができます。

4. シンプルなパソコンゲーム

Pythonを使って、シンプルなパソコンゲームを作ることもできます。
例えば、簡単なアクションゲームやパズルゲームなどを作ることができます。
これにより、プログラミングの基礎を学びながら、楽しくゲームを作ることができます。

5. 簡単なアプリの作成

Pythonを使って、簡単なデスクトップアプリを作ることもできます。
例えば、タスク管理アプリやメモ帳アプリなどを作ることができます。
これにより、自分の使いたいアプリを自分で作ることができます。

以上、初心者がPythonで作れるものの一部を紹介しました。
Pythonは初心者にとって学びやすい言語であり、様々なことができるため、ぜひ挑戦してみてください。

Pythonを使ってWeb情報の自動収集:クローリングとスクレイピング

Pythonを使えば、Web上の情報を自動的に収集することができます。
その方法が「クローリング」と「スクレイピング」です。

クローリングは、Webサイトを巡回して情報を収集する作業です。
例えば、特定のキーワードを含むニュース記事を収集したり、商品情報を収集したりすることができます。Pythonのライブラリである「Beautiful Soup」や「Scrapy」を使うことで、簡単にクローリングを行うことができます。

一方、スクレイピングは、Webページの特定の部分から必要な情報を抽出する作業です。例えば、特定のサイトから商品の価格やレビューを抽出することができます。
Pythonのライブラリである「Beautiful Soup」や「Requests」を使うことで、簡単にスクレイピングを行うことができます。

クローリングとスクレイピングは、情報収集やデータ分析に非常に役立つ技術です。例えば、競合他社の情報を収集して市場動向を把握したり、商品の価格変動を追跡したりすることができます。初心者でも簡単に始めることができるので、ぜひPythonでクローリングとスクレイピングを試してみてください。

Excelの自動化

Excelはデータ処理や表計算に便利なツールですが、手作業でデータを入力するのは非効率です。
Pythonを使えば、Excelの自動化が可能です。

Pythonでは、openpyxlというライブラリを使用してExcelファイルを操作することができます。
例えば、大量のデータを一括で入力したり、計算結果を自動的に表示させたりすることができます。

また、Excelのデータを他の形式に変換することも可能です。
例えば、CSVファイルに変換することで、データの共有や他のプログラムでの利用が容易になります。

Excelの自動化は、ビジネスやデータ分析の現場で非常に役立ちます。
手作業でデータを処理する手間を省き、より効率的に作業を進めることができます。

Pythonを使ってExcelの自動化を学ぶことで、さまざまな業務で役立つスキルを身につけることができます。是非、初心者でも挑戦してみてください。

顔認識や物体検知の画像認識プログラム

Pythonを使って顔認識や物体検知の画像認識プログラムを作ることができます。
画像認識は、コンピュータが画像を解析し、その中に写っている物体や顔を認識する技術です。Pythonはそのような画像認識のプログラムを簡単に作ることができるため、初心者にもおすすめです。

顔認識のプログラムを作る場合、OpenCVというライブラリを使用すると便利です。
OpenCVは画像処理やコンピュータビジョンに特化したライブラリで、Pythonから利用することができます。顔認識のプログラムを作るためには、
まずOpenCVをインストールし、その後、画像を読み込んで顔を検出する処理を記述します。

物体検知のプログラムを作る場合も、OpenCVを使用することができます。物体検知は、画像中に特定の物体が存在するかどうかを判定する技術です。例えば、道路上の車や信号機を検知するプログラムを作ることができます。物体検知のプログラムを作るためには、学習済みのモデルを使用することが一般的です。学習済みのモデルは、あらかじめ大量の画像データを用いて学習させたもので、Pythonから利用することができます。

顔認識や物体検知のプログラムを作ることで、例えばセキュリティシステムや自動運転など、さまざまな応用が考えられます。初心者でもPythonを使って簡単にこれらのプログラムを作ることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

顔認識技術の活用に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。
PythonでOpenCVを使って顔認識: 簡単で効果的な手法を紹介:https://beginner-engineers.com/face_recognition/

シンプルなパソコンゲーム

Pythonを使ってシンプルなパソコンゲームを作ることも可能です。

例えば、PythonのライブラリであるPygameを使用することで、簡単なゲームを作成することができます。
Pygameは、グラフィックスや音声の処理を簡単に行うことができるため、初心者でも扱いやすいです。

具体的な例としては、キャラクターが障害物を避けながら進むゲームや、ボールを打ち返すゲームなどがあります。これらのゲームは、Pythonの基本的な文法や制御構造を理解していれば、比較的簡単に作ることができます。

また、PythonのライブラリであるTurtleを使用することで、簡単なグラフィックスを描画することもできます。例えば、キャラクターが迷路を探索するゲームや、絵を描くゲームなどがあります。
Turtleは、Pythonの標準ライブラリの一部なので、追加のインストールは不要です。

以上から、Pythonを使ってシンプルなパソコンゲームを作ることができます。
初心者でも扱いやすいPythonの特徴を活かして、自分だけのゲームを作ってみましょう。

簡単なアプリの作成

Pythonは初心者でも簡単にアプリを作成することができます。
例えば、簡単なToDoリストアプリを作ってみましょう。

まずは、Pythonのインストールが必要です。
公式サイトから最新版をダウンロードしてインストールしましょう。

次に、コードを書いていきます。
以下のようなコードを作成してください。

tasks = []

def add_task():
  task = input("タスクを入力してください:")
  tasks.append(task)
  print("タスクが追加されました!")

def show_tasks():
  print("タスク一覧:")
  for task in tasks:
    print(task)

def main():
  while True:
    print("1. タスクの追加")
    print("2. タスクの表示")
    print("3. 終了")
    choice = input("選択してください:")

    if choice == "1":
      add_task()
    elif choice == "2":
      show_tasks()
    elif choice == "3":
      break
    else:
      print("無効な選択です。")

if __name__ == "__main__":
  main()

このコードでは、ユーザーがタスクを追加したり表示したりすることができます。
タスクはリストに保存され、表示する際には一覧で表示されます。

コードが完成したら、保存して実行してみましょう。
ターミナルやコマンドプロンプトでPythonファイルを実行すると、アプリが起動します。メニューから選択肢を選んだり、タスクを追加したりしてみてください。

このように、Pythonを使って簡単なアプリを作成することができます。
初心者でも扱いやすい言語であるため、Pythonを学ぶことで自分のアイデアを形にすることができます。ぜひ、Pythonでアプリ開発に挑戦してみてください!

Pythonで何かを作るには何が必要?

Pythonで何かを作るためには、以下の2つが必要です。

4-1. ライブラリ

Pythonには、さまざまな機能を追加するためのライブラリが存在します。
例えば、Webスクレイピングやデータの可視化などの機能を追加するためには、BeautifulSoupやMatplotlibなどのライブラリを使用することができます。必要な機能に応じて、適切なライブラリを選ぶことが重要です。

4-2. フレームワーク

Pythonには、ウェブアプリケーションやデータベースの操作などを簡単に行うためのフレームワークがあります。
例えば、DjangoやFlaskなどがあります。
フレームワークを使用することで、効率的にアプリケーションを開発することができます。

これらのライブラリやフレームワークを利用することで、初心者でも簡単にPythonで何かを作ることができます。また、インターネット上には、これらの使用方法やサンプルコードが多く公開されているため、参考にしながら学習することができます。Pythonの魅力は、初心者でも手軽に使えることですので、ぜひ挑戦してみてください。

ライブラリ

Pythonで何かを作るには、様々なライブラリを利用することが必要です。
ライブラリとは、既に他の人が作成した便利な機能やツールがまとめられたもので、自分でコードを書く必要がなくなります。

Pythonには豊富なライブラリが存在し、それぞれの目的に合わせて使うことができます。
例えば、データ解析や機械学習には「NumPy」「Pandas」が便利ですし、ウェブスクレイピングには「BeautifulSoup」や「Scrapy」が役立ちます。

また、グラフの描画には「Matplotlib」や「Seaborn」を使うことができますし、機械学習のためのフレームワークとして有名な「TensorFlow」「PyTorch」もあります。

これらのライブラリを使うことで、初心者でも簡単に高度なプログラムを作成することができます。
ただし、ライブラリを使う際には、その使い方や仕組みを理解する必要があります。

まずは、公式ドキュメントやチュートリアルを参考にして、ライブラリの基本的な使い方を学ぶことから始めましょう。
そして、実際に手を動かして何かを作ってみることで、より深く理解することができます。

ライブラリを使うことで、初心者でも簡単にPythonで様々なものを作ることができます。
ぜひ、自分の興味や目的に合わせたライブラリを探して、Pythonの可能性を広げてみてください。

フレームワーク

Pythonで何かを作る際には、フレームワークが必要です。
フレームワークは、既に作られた機能や構造を提供してくれるため、開発の効率化や品質向上に役立ちます。

Pythonで人気のあるフレームワークには、DjangoやFlaskがあります。
Djangoは、ウェブアプリケーションの開発に特化しており、データベースの操作やユーザー認証などの機能を簡単に実装することができます。
Flaskは、軽量なフレームワークであり、小規模なウェブアプリケーションの開発に適しています。

また、Pythonは他のプログラミング言語との連携も得意です。
例えば、PythonとJavaScriptを組み合わせて開発することも可能です。
JavaScriptのフレームワークであるReactやVue.jsを使用することで、より洗練されたウェブアプリケーションを作ることができます。

フレームワークを使用することで、初心者でも効率的にプログラミングを行うことができます。
是非、Pythonのフレームワークを活用して自分のアイデアを形にしてみてください。

Pythonが苦手な開発分野とは?

Pythonは非常に人気のあるプログラミング言語ですが、全ての開発分野で最適な選択肢ではありません。Pythonが苦手な開発分野には以下のようなものがあります。

5-1.スマホアプリの開発

Pythonは主にWebアプリケーションやデータ解析に使われることが多く、スマホアプリの開発には向いていません。スマホアプリの開発にはJavaやSwiftなどの言語が一般的に使用されます。

5-2.デスクトップアプリの開発

Pythonはクロスプラットフォームのデスクトップアプリケーションの開発には向いていますが、高速性やパフォーマンスが求められる場合には他の言語の方が適しています。
C++やC#などが代表的な例です。

5-3.ゲーム開発

Pythonはゲーム開発にはあまり適していません。
ゲーム開発には高速な処理やリアルタイム性が求められるため、C++やC#などの言語がより適しています。

5-4.金融システム、基幹システムの開発

Pythonは堅牢性やセキュリティが重要な金融システムや基幹システムの開発には向いていません。
こうした分野ではJavaやC++などがより適しています。

以上がPythonが苦手な開発分野の一部です。
しかし、Pythonは他の言語と組み合わせることでさまざまな分野で活用することができます。
したがって、Pythonが苦手な開発分野でも、他の言語との組み合わせやPythonの強みを活かした開発手法を取ることで問題を解決することができます。

スマホアプリの開発

Pythonは非常に多機能なプログラミング言語であり、スマホアプリの開発にも利用することができます。Pythonを使用することで、クロスプラットフォームのアプリを開発することが可能です。これは、iOSやAndroidなど、さまざまなプラットフォームで動作するアプリを一度に作成できることを意味します。

Pythonを使用したスマホアプリの開発には、いくつかのフレームワークがあります。
例えば、KivyやPyQtといったフレームワークを使用することで、Pythonでネイティブアプリを作成することができます。これにより、Pythonの柔軟性と簡潔さを活かしながら、高品質なアプリを開発することができます。

スマホアプリの開発においては、Pythonの速度が問題となることがあります。Pythonは、他の言語に比べて処理速度が遅いとされています。しかし、最近のPythonのバージョンでは、この問題に対処するための最適化が進んでおり、速度の向上が見られます。

スマホアプリの開発においては、Pythonを使用することで、短期間で効率的にアプリを作成することができます。また、Pythonの豊富なライブラリやコミュニティのサポートも利用できるため、初心者でも比較的簡単にアプリを開発することができます。

Pythonを使用したスマホアプリの開発は、初心者にとっても魅力的な選択肢です。Pythonの学習コストが比較的低いことや、多くのリソースが利用できることから、初めてのアプリ開発に挑戦するのに最適な言語と言えるでしょう。是非、Pythonを使ってスマホアプリ開発にチャレンジしてみてください。

デスクトップアプリの開発

Pythonを使ってデスクトップアプリを開発することも可能です。Pythonには、デスクトップアプリケーションを作成するためのライブラリやフレームワークが豊富に存在します。

例えば、PyQtやTkinterなどのライブラリを使用することで、GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を持つデスクトップアプリを簡単に作ることができます。これにより、ボタンやテキストボックスなどのUI要素を組み合わせて、ユーザーとの対話を実現することができます。

また、Pythonを使ったデスクトップアプリの開発では、データベースとの連携も容易に行うことができます。例えば、SQLiteやMySQLといったデータベースを使用して、データの保存や検索を行うことができます。

デスクトップアプリの開発は、Pythonの基本的なプログラミング知識があれば始めることができます。GUIの作成やデータベースの操作に関する知識も必要ですが、そのためのドキュメントやチュートリアルも豊富に存在しています。

Pythonを使ったデスクトップアプリの開発は、ユーザーとの対話性の高いアプリケーションを作ることができます。自分のアイデアを形にするために、デスクトップアプリの開発にも挑戦してみましょう。

ゲーム開発

Pythonは、初心者でも簡単にゲームを作ることができます。Pygameというライブラリを使用することで、2Dゲームを作成することができます。Pygameは、画像や音声の表示や再生、キーボードやマウスの入力の受け取りなど、ゲーム開発に必要な機能を提供しています。

例えば、シンプルなスクロールアクションゲームやブロック崩しゲームなど、Pythonを使って様々なゲームを作ることができます。また、Pygameのドキュメントやチュートリアルも豊富にありますので、初心者でも分かりやすく学習することができます。

ゲーム開発は、プログラミングの基本的な概念やロジックを学ぶのにも適しています。ゲームを作ることで、プログラミングの楽しさや面白さを実感することができますし、自分のアイデアを形にすることもできます。

Pythonのゲーム開発は、初心者にとっても挑戦しやすい分野です。ぜひ、Pythonを使って自分だけのゲームを作ってみてください。

金融システム、基幹システムの開発

Pythonは、金融システムや基幹システムの開発にも利用されています。金融業界では、膨大なデータを処理し、高速な計算を行う必要がありますが、Pythonはその要件に応えることができます。

Pythonを使った金融システムや基幹システムの開発では、まずデータの収集や処理を行います。金融データの収集には、Web情報の自動収集が有効です。Pythonのクローリングとスクレイピングの技術を活用することで、金融情報を自動的に収集することができます。

また、PythonはExcelの自動化にも適しています。金融業務では、大量のデータをExcelで処理することが多いですが、Pythonを使えば煩雑な作業を自動化することができます。

さらに、Pythonを使って顔認識や物体検知の画像認識プログラムを作成することもできます。金融業界では、顧客の顔認識による本人確認や、不正行為の検知などに活用されています。

また、Pythonを使ったシンプルなパソコンゲームや簡単なアプリの開発も可能です。金融業界では、顧客向けの投資シミュレーションゲームや、取引アプリなどを開発することがあります。

金融システムや基幹システムの開発には、Pythonのライブラリやフレームワークが必要です。金融データの解析には、PandasやNumPyなどのライブラリが便利です。また、Webアプリケーションの開発には、DjangoやFlaskなどのフレームワークを使うことが一般的です。

Pythonの開発分野としては、スマホアプリやデスクトップアプリ、ゲーム開発が挙げられますが、金融システムや基幹システムの開発も可能です。Python初心者が金融システムや基幹システムの開発に挑戦する際には、適切なライブラリやフレームワークを利用することが重要です。

Python初心者が学習する際には、オンラインサイトや書籍、プログラミングスクールを活用すると効果的です。オンラインサイトでは、基礎から応用まで幅広い情報を学ぶことができます。書籍では、体系的な学習が可能です。また、プログラミングスクールでは、実践的な開発経験を積むことができます。

Pythonで作りたいものが作れない場合は、他のプログラミング言語や専門のエンジニアに相談することも考えましょう。Pythonは多機能な言語ですが、すべての開発分野に対応しているわけではありません。

Pythonは初心者にも優しいプログラミング言語です。金融システムや基幹システムの開発にも利用され、多くの可能性を秘めています。Pythonの学習を始める際には、自分の目標や興味に合わせて学習方法を選び、着実にスキルを身につけていきましょう。

Pythonで作りたいものが作れない場合の対処法

Pythonで作りたいものが作れない場合、以下の対処法を試してみましょう。

1. より詳しい情報を学ぶ:Pythonの文法や機能についてより深く学ぶことで、より複雑なプログラムを作成することができるようになります。オンラインのチュートリアルや教材、書籍などを活用しましょう。

2. ライブラリやフレームワークを利用する:Pythonには多くの便利なライブラリやフレームワークが存在します。これらを利用することで、より高度な機能を持ったプログラムを簡単に作成することができます。

3. コミュニティやオンラインフォーラムで質問する:Pythonのコミュニティは非常に活発で、多くの人が質問や疑問を解決するために協力しています。自分が作りたいものに関する質問を投稿し、他の人のアドバイスや意見を聞いてみましょう。

4. 他のプログラミング言語を学ぶ:Pythonが苦手な開発分野には、他のプログラミング言語が適している場合もあります。例えば、スマホアプリの開発にはJavaやSwiftがよく使われます。Pythonだけでなく、他の言語も学ぶことでより幅広いプログラミングスキルを身につけることができます。

5. チームでの開発を考える:自分一人では難しいプロジェクトでも、他の人と協力して開発することでより高度なプログラムを作成することができます。プログラミングの仲間やチームを見つけ、共同でプロジェクトに取り組んでみましょう。

Pythonで作りたいものが作れない場合でも、上記の対処法を試してみることで、より高度なプログラムを作成するためのスキルや知識を身につけることができます。

まとめ

Pythonは初心者でも簡単に学べるプログラミング言語であり、さまざまなことができます。Pythonを使って作れるものとして、Web情報の自動収集やExcelの自動化、顔認識や物体検知の画像認識プログラム、シンプルなパソコンゲーム、簡単なアプリの作成などがあります。これらの作品を作るためには、必要なライブラリやフレームワークを学ぶ必要があります。また、Pythonが苦手な開発分野として、スマホアプリの開発やデスクトップアプリの開発、ゲーム開発、金融システムや基幹システムの開発があります。Python初心者向けの学習法としては、おすすめのサイトや書籍、プログラミングスクールの活用があります。Pythonで作りたいものが作れない場合は、他の言語を学ぶことや、プログラミングの基礎をしっかりと学ぶことが対処法となります。Pythonの学習はこれからもますます重要になるため、これからのPython学習に向けて、積極的に取り組んでいきましょう。

Pythonで何ができるか

Pythonは、初心者でも簡単に学べるプログラミング言語です。Pythonの特徴は、読みやすい文法と豊富なライブラリが挙げられます。これにより、初心者でも様々なことができるようになります。

Pythonで初心者が作れるものの中でも、特に人気なのは以下の5つです。

1. Web情報の自動収集:クローリングとスクレイピング

Pythonを使えば、Web上の情報を自動的に収集することができます。例えば、特定のサイトからニュース記事のタイトルや本文を取得したり、商品情報を収集したりすることができます。

2. Excelの自動化

Pythonを使ってExcelの操作を自動化することも可能です。例えば、大量のデータを処理したり、特定の条件を満たすデータを抽出したりすることができます。

3. 顔認識や物体検知の画像認識プログラム

Pythonのライブラリを使えば、画像認識のプログラムを簡単に作成することができます。例えば、写真の中から人の顔を認識したり、特定の物体を検知したりすることができます。

4. シンプルなパソコンゲーム

Pythonを使って、シンプルなパソコンゲームを作ることもできます。例えば、簡単なアクションゲームやパズルゲームを作ることができます。

5. 簡単なアプリの作成

Pythonを使って、簡単なアプリを作ることもできます。例えば、ToDoリストや天気予報アプリなど、日常生活で役立つアプリを作ることができます。

これらの作品を作るためには、Pythonのライブラリやフレームワークを利用することが必要です。ライブラリは既に作られたプログラムの集まりであり、フレームワークはアプリケーションの土台となるプログラムのことです。

Pythonは非常に幅広い分野で活躍していますが、苦手な分野もあります。例えば、スマホアプリの開発やデスクトップアプリの開発、ゲーム開発、金融システムや基幹システムの開発などは、他の言語がより適している場合があります。

Python初心者向けの学習法としては、オンラインサイトや書籍、プログラミングスクールの活用がおすすめです。オンラインサイトでは、基本的な文法やプログラミングの考え方を学ぶことができます。書籍では、より深く学ぶことができます。また、プログラミングスクールでは、講師の指導のもとで実践的なプログラミングを学ぶことができます。

Pythonで作りたいものが作れない場合は、他の言語やツールを使うことも考えましょう。最初はPythonで学ぶことがおすすめですが、他の言語やツールも学ぶことでより幅広い開発が可能になります。

Pythonは初心者にもオススメのプログラミング言語です。多くのことができるだけでなく、学習コミュニティも盛んなので、初心者でも助けを得やすいです。これからPythonを学ぶ方にとって、Pythonの可能性は無限大です。

Pythonの学習法

Pythonの学習法について詳しく見ていきましょう。

Pythonの学習法は、初心者にとっても比較的簡単であり、多くのリソースが利用できます。まずは、オンラインのPython学習サイトを活用することをおすすめします。例えば、CodecademyやUdemyなどは、初心者向けのPythonコースを提供しています。これらのサイトでは、基本的な概念から実際のプロジェクトまで学ぶことができます。

また、Pythonの公式ドキュメントも非常に役立ちます。公式ドキュメントは詳細で信頼性の高い情報を提供しており、Pythonの基礎から応用まで幅広い情報を得ることができます。

さらに、書籍も学習において重要な役割を果たします。初心者向けのPythonの入門書やチュートリアル本を読むことで、基礎的な知識を身につけることができます。また、実践的なプロジェクトを通じてPythonを学ぶこともできます。

プログラミングスクールに通うことも、Pythonの学習において有効な方法です。プログラミングスクールでは、専門の講師から直接指導を受けることができますし、他の学習者との交流もできます。また、実際のプロジェクトに取り組むことで、より実践的なスキルを身につけることができます。

Pythonの学習法は、自分自身の学習スタイルや目標に合わせて選ぶことが重要です。自分に合った学習方法を見つけるために、いくつかの方法を試してみることをおすすめします。Pythonの学習は、初心者にも挑戦しやすいものですので、ぜひ取り組んでみてください。

これからのPython学習に向けて

Pythonは初心者でも作れるさまざまなものがあります。Web情報の自動収集やExcelの自動化、顔認識や物体検知の画像認識プログラム、シンプルなパソコンゲーム、簡単なアプリの作成などが挙げられます。これらの作成には、ライブラリやフレームワークが必要です。Pythonが苦手な開発分野としては、スマホアプリの開発、デスクトップアプリの開発、ゲーム開発、金融システムや基幹システムの開発があります。Python初心者向けの学習法としては、おすすめのサイトや書籍の利用、プログラミングスクールの活用があります。もしPythonで作りたいものが作れない場合は、他の言語やツールを学ぶことも考えましょう。Pythonの学習はこれからもますます重要になっていくので、積極的に学習していきましょう。

最初のコメントをしよう

必須